福岡県で評判の経理代行サービス業者19選!口コミで人気の業者を厳選しました。

そもそも経理とは?会計や財務との違いをわかりやすく徹底解説!

公開日:2022/08/15  最終更新日:2022/09/05

経理の役割は企業運営に欠かせません。しかし、そもそもどのような役割なのか分からない人も多いのではないでしょうか。さらに、経理とよく混同される仕事に「会計」や「財務」がありますが、これらと経理とでは、どんな違いがあるのでしょうか。この記事では、経理の主な仕事内容を確認したうえで、ほかのふたつとの違いを解説します。

経理の仕事とは

そもそも、経理の仕事とはなんでしょうか。ここでは、この役割の担当とされる範囲がどのようなものなのかを解説します。

経理は「経営管理」の略称

普段、何気なく使っている「経理」という言葉ですが、もともとは「経営管理」が正しい名称なのです。しかし、この名称にははっきりとした定義がなく、業界や会社によって指し示す意味、またそのポジションが担う範囲は異なります。

企業のお金にまつわる仕事

使う人や環境によって意味の異なる「経営管理」ですが、仕事の内容についてはある程度共通するものがあります。それが「お金にまつわる仕事」ということです。いいかえれば、会社の経営資源の活用が経理の仕事となります。

経理の主な業務内容

では、経理の具体的な担当範囲をみていきましょう。このポジションが担当する範囲は環境によって異なる場合があるため、ここでは、一般的な内容について解説します。

預貯金管理

資金について、その動きを記録するのがメイン業務となります。預貯金管理は、資金の動きを記帳し、それを口座残高と照らし合わせて、ズレがないかを確認する作業です。この作業は日次業務として行われます。

伝票管理

企業活動によって発生する資金の動きを伝票に記録する業務です。専用の社内システムを操作することで、伝票を作成します。

給与計算など

その月ごとに変化する残業代や手当を含め、社員の給与を計算します。また、経営の中で、契約によって、代金未納の状況で商品を納品する場合、未回収の代金についての請求書にまつわる作業が発生します。この作業は売掛金・買掛金管理と呼ばれます。

さらに、在庫管理についても、このポジションが担当する範囲となります。これらの作業は、月次業務として行われます。

年末調整

年末調整も経理の担当範囲です。年末調整は、社員などの給与所得者に年間通して支給した給与と源泉徴収について、最終支払日に再度計算して、所得税の調整をする作業です。

年末調整以外にも、賞与の計算や決算書類の作成、確定申告なども担当範囲のなかで、これらは年次業務として行われます。

経理と会計の違い

経営と会計は、よく混同される仕事です。どちらも「お金にかかわる仕事」というイメージですが、このふたつには、どのような違いがあるのでしょうか。

会計の仕事とは

会計の仕事は、簡単にいうと「資金全体の動きを把握する」ことです。会計は活動の中で、売上だけではなく経費などについても記録します。ここで記録された資金の流れは、経営方針や事業展開を考える際の資料として、さらに事業報告書の作成などに利用されます。

企業の資金全般を管理

経理と会計には、資金の動きの中で、どの部分を担当するかという違いがあります。経理は企業活動において日々発生するお金の出入りを記録し、会計は全体の資金の変動を記録します。経理は細部を、会計は全体を担当する仕事だといえます。

このふたつのポジションには、一般的にこのような違いがあるのですが、環境によってそれぞれが担当する範囲は異なり、経理であっても全体の資金の把握を担当することが、しばしばあります。経理は会計の一部として、ひとつの部署がすべてを担当するということもあります。

経理と財務の違い

続いて、経理と財務の違いについて解説します。

財務の仕事とは

財務の主な仕事は、企業資金の運用と管理です。今後の運営にどれくらいの資金が必要なのかを、経理と会計が作った書類をもとに計算して、必要な資金の調達方法を立案します。

財務による資金の調達方法としては、融資や社債、株券の発行などがあります。スムーズな資金調達に必要な資料作成も、このポジションが担います。

そして予算管理では、売上・原価・経費・利益について、それぞれ予算を計算します。この作業は、経営方針や経営に大きな影響を与えることになります。

未来のお金を担当する

経理と財務の大きな違いは、経理はすでに起こった資金の動きを記録し、財務はこれから起こるであろう資金の動きを計算して調達するという点です。

先ほどみたように、財務の主な仕事は、企業予算の計算と資金の調達です。この作業を行う際に、前者が作成しておいた記録を活用することになります。このように、このふたつのポジションは異なるものですが、従業員の少ない企業においては、兼任する場合もあります。

まとめ

経理の仕事は、企業活動で発生する日々の資金の動きを記録することです。預貯金管理や給与計算、年末調整など、企業活動において重要な役割を担います。そうした経理の作業よりも視野を広げて、全体の資金の流れを把握するのが会計の仕事です。経理と会計には、担当範囲の広さという違いがあります。

そして、経理がすでに起こった資金の流れを記録するのに対して、これから必要になる資金を計算するのが財務の仕事です。財務の主な仕事は予算計算と資金調達で、ここで経理の作成した資金の記録が活用されます。経理の仕事は、企業になくてはならないものなのです。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

何かのきっかけで経理にたずさわることになったとき、その専門用語の多さに辟易してしまう人が多いです。確かに、経理や会計には数多くの専門用語があり、それが表す概念も難解です。そこでこの記事では、
続きを読む
経理の役割は企業運営に欠かせません。しかし、そもそもどのような役割なのか分からない人も多いのではないでしょうか。さらに、経理とよく混同される仕事に「会計」や「財務」がありますが、これらと経理
続きを読む
経理代行サービスとは、その名の通り経理業務を代行してもらえるサービスです。経理業務に含まれるのは記帳や年末調整などですが、どこまでを依頼できてどこからが依頼不可なのか悩んでしまう人も多いです
続きを読む