福岡県で評判の経理代行サービス業者19選!口コミで人気の業者を厳選しました。

経理代行と税理士のサービスの違いはどこ?双方のメリットを理解しよう!

公開日:2021/09/01  最終更新日:2021/09/09

経理業務を経営者が行っているケースも多く見受けられます。しかし面倒な作業も多く、できれば専門家である税理士に依頼するか、経理業務アウトソーシングの経理代行を考えているのではないでしょうか?今回は、その経理代行と税理士の違いに迫ります。それぞれのメリットにも迫るので、双方をチェックした上で決定してはいかがでしょうか。

まずは経理代行サービスの特徴を知ろう!

税理士のサービスについては昔からあるので理解していることと思います。そこで経理代行と税理士を比較する前に、まずは経理代行とはどのようなサービスなのかを把握することから始めましょう。

経理全般の業務を行う

経理の一部分だけ作業するわけではありません。

経理に係る全般の業務を行っており、給与計算や記帳も行います。年末調整や税務申告書関連、さらには決算書関連や帳簿チェック、売掛金の管理や買掛金の管理、そして振り込み代行といった業務までお任せできるのです。

決算書をもとにした財務分析、そして業務提案などをしてくれる経理代行サービスまであります。

経理代行の実施する年末調整および税金申告とは?

年末調整に関しては、税理士が在籍していないと依頼できないので、この点は経理代行と税理士の大きな差といえるかもしれません。年末調整は所得期間のうち、源泉徴収された所得税と本来の所得税の差額を徴収及び還付する作業になります。難易度が高く、実際にミスの多い業務です。

一方の税金申告については、代行業務を行えます。法人税や住民税、事業税や消費税、そして所得税などの税務申告書作成をおまかせできるのです。

税理士に依頼するメリット

税務関係の専門家である税理士ですが、国家資格である税理士の資格を保有しています。まさしく税務の専門家であり、より精度の高い業務ができるなどのメリットがあります。

正しい税務ができる

税理士は、まさしく税金のプロです。決算および確定申告について、安心して任せられます。

よくあるのが、経費削減におけるミスです。自己流で申告してしまう会社もありますが、後にミスが発覚し、追徴課税のペナルティを食らう可能性もゼロではありません。

税理士であれば、経費削減の範囲なども明確に把握しておりミスの可能性は極めて低くなります

税務調査に適切に対応できる

会社に税務調査が入ることもあります。調査では毎月の経理内容を報告しなければなりませんが、いろいろと聞かれて混乱することも珍しくありません。

一方で、税理士が居ると担当者が経理内容をしっかりと把握しています。税務調査について代わりに答弁してもらうことも可能であり、リスク軽減に大いに役立ちます

税務相談ができる

会社を経営していくにあたり、税金関係の対策は必要不可欠といっても過言ではありません。しかし、どこをどういじってよいのかわからないのではありませんか。

その点、税理士は税務書類の作成・税務申告の代理・税務相談などなどに対応できる唯一の資格です。また経験豊富な税理士になると、さまざまな会社で働いてきた経験もあり、税務関係のノウハウも教えてもらえるわけです。

複雑な税金の仕組みを理解しているのが税理士であるため、会社の税金を安くする合法的な方法を考えてくれます。節税を考えている企業にとっては心強い味方になってくれるわけです。

経理代行サービス業者に依頼するメリット

経理代行サービスを利用するメリットには、コストやビジネスの効率化、さらには節税対策の向上などがあります。

コストの削減

仮に有能な経理担当者を雇うとなると、月に少なくても20万円から30万円は必要になります。ベテランの経理となると月に40万円以上の人件費がかかるケースも少なくありません。また税理士事務所と契約するにしても、顧問料としてそれなりに発生してくるのです。

一方で経理代行サービスであれば、業者にもよりますが月に数万円程度から請け負ってくれるところが多いです。つまり経理代行サービスを利用すれば、人件費を大幅に抑えられるのです。

ビジネスの効率化を図れる

経理代行を依頼し会計を外注することで、よりビジネスに注力できるようになります。企業によっては経営者が経理を行っているケースも多く、商品開発や営業に割り当てる時間が足りないケースも珍しくありません。

そもそも会計業務は、売上や利益に直結してくる業務ではありません。したがって外注することで、売上や利益を上げることに集中できるようになるのです。

節税対策ができる

経理代行も会計の専門家であるため、依頼することで会計の正確性がアップします。より高度な通期の利益や納税額の予測も可能になるため、事前に節税対策を考えることも可能です。

税理士とは異なり税務書類の作成・税務申告の代理・税務相談などはできませんが、一定のアドバイスを求めることは可能です。税務関連のノウハウを持った経理代行に依頼すれば、より高い効果が得られるでしょう。

 

経理代行と税理士のサービスの違いについて明らかにしました。税理士に関しては、税務書類の作成・税務申告の代理・税務相談が独占業務として行えるのが最大の特徴です。

一方の経理代行は、独占業務には手を出せませんが、その代わりにコストが低く抑えられるなどのメリットがあります。どちらを重視するか考えた上で、選択してはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

何かのきっかけで経理にたずさわることになったとき、その専門用語の多さに辟易してしまう人が多いです。確かに、経理や会計には数多くの専門用語があり、それが表す概念も難解です。そこでこの記事では、
続きを読む
経理の役割は企業運営に欠かせません。しかし、そもそもどのような役割なのか分からない人も多いのではないでしょうか。さらに、経理とよく混同される仕事に「会計」や「財務」がありますが、これらと経理
続きを読む
経理代行サービスとは、その名の通り経理業務を代行してもらえるサービスです。経理業務に含まれるのは記帳や年末調整などですが、どこまでを依頼できてどこからが依頼不可なのか悩んでしまう人も多いです
続きを読む