福岡県で評判の経理代行サービス業者19選!口コミで人気の業者を厳選しました。

経理代行とは?利用前に具体的なサービス内容を確認しよう!

公開日:2021/09/01  最終更新日:2021/09/09

経理代行サービスを利用している企業がどんどん増加しています。「本業に専念できるようになった」「経理のミスが減少した」など、利用者から嬉しい声も発せられています。しかし経理代行サービスについて、まだ詳しく知らない方も多いのではありませんか。そこで今回の記事では、経理代行の具体的なサービス内容に迫ります。

経理代行とは?

経理代行とは、簡単に説明するとあなたの会社の経理作業を経理代行業者にアウトソーシング、つまり外注することを指しています。

経理代行業者にも複数の種類があり、税理士や公認会計士といった国家資格保有者が在籍しているところもあります。一方で、簿記などの資格は保有しているものの、経理業務の経験者のみで運営しているところもあるのです。

経理代行サービスに適した企業とは?

中小企業が適しています。そもそも中小企業の多くは、仕分けや記帳業務、さらには給与計算や会計事務、そして在庫管理などを一人で担当しなければなりません。

仕事量も格段に増え、結果として経理業務に専念しなければならない状況になるのです。中小企業の場合は少ない人材で回していかなければならないのに、経理に専念させる人材を雇う余裕はない、というところも少なくありません。

そこでそのような中小企業の悩みを解決するためにも、経理代行サービスなるものが生まれたのです。

経理代行サービスの具体的内容とは?

日次業務・月次業務・年次業務の3つがあります。

まず日次業務とは、経理作業として日々発生する業務のことを指しています。伝票整理や仕分け、さらには記帳業務や在庫管理、そして経費精算出入金管理などです。帳簿作成については会計ソフトへの移行が進んでいますが、膨大な仕事量になることも少なくありません。

月次業務とは、日時業務を1ヶ月にまとめた作業に該当します。日時業務で仕分けしたものをまとめたり、給与計算をしたりします。

年次業務は年に1度発生する決算業務が該当します。とくに重要なのが決算書の作成であり、企業の財務や経営状況を報告する極めて大事な書類です。

経理代行サービスを利用するメリット

実際に経理代行業者を利用するメリットはどこにあるのでしょうか?利用目的にも直結する部分でもあるため、導入を計画している方は要チェックです。

本業に専念できるようになる

経理業務は事業者にとって厄介なものです。とくに本業であるコアな業務と経理を兼任していると、経理業務に時間を割かなければならず、本業が疎かになることも少なくありません。そこで経理代行を利用することで、より本業に精を出せるようになるのです。

人件費のカットにつながる

「経理代行を利用するのだから、かえってコストがかかるのでは?」と思う人も多いのではないでしょうか?実は逆であり、経理代行サービスを利用すると人件費のカットにつながります。

そもそも経理は片手間でできるようなものではなく、実際に多くの企業に経理専門の部門があるのです。一人あたり少なくても月に20万円から30万円のコストが発生していることになるでしょう。

しかし経理代行を利用すると、会社の規模や作業量にもよりますが、月に数万円からで請け負ってもらえます。毎月10万円以上のコストダウンにつながる可能性も出てくるわけです。

経理業務の精度が高まる

経理を経営者が行っていると、専門家ではないためミスをすることもあります。経費についてミスをして、後に追徴課税のようなことを行われる可能性もゼロではありません。

一方で、経費代行を利用すれば経理のプロによる的確な作業が期待できます。より正確に数字が出され、経費についても参入できるものと参入できないものの区別もしっかりしてもらえるのです。

また、税理士が所属している経理代行サービスもあり、その場合は税務相談もできるなど今後の経営にもよい影響をもたらしてくれる可能性大です。

経理代行サービスを利用するデメリット

一方で、経理代行サービスにはデメリットもないわけではありません。導入するにしても、デメリットについて把握しておく必要はあるでしょう。

経理のノウハウが自社に蓄積できない

経理代行サービスに依頼すると、経理業務は業者におまかせとなります。そうなると、会社で経理について明確に把握している人物がいなくなることになり、結果として経理について誰も経験を積むことができなくなるのです。

もちろん業者側からは定期的に報告がありますが、利用が長期間となり経理の経験がない従業員ばかりになると、後にサービスの利用をやめた時に大きな問題が発生する可能性もゼロではありません。

情報漏えいの可能性あり

経理代行を利用すると、内部資料および情報を開示することになります。もしも情報管理の甘い業者に依頼すると、会社の内部情報が外に漏れることも考えられるのです。情報漏えいのリスクを回避するためにも、委託先をしっかりと調べ見極めることが必要になります。

 

経理代行のサービス内容を明らかにし、その上でメリットとデメリットを紹介しました。サービス自体は、経理の全体におよびます。要するに、丸投げでも基本的には対応してくれるものなのです。

ただ経理のノウハウが自社に蓄積できないなどのデメリットもないわけではないため、マイナス面にも目を向けた上で利用するか決めるのがおすすめです。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

何かのきっかけで経理にたずさわることになったとき、その専門用語の多さに辟易してしまう人が多いです。確かに、経理や会計には数多くの専門用語があり、それが表す概念も難解です。そこでこの記事では、
続きを読む
経理の役割は企業運営に欠かせません。しかし、そもそもどのような役割なのか分からない人も多いのではないでしょうか。さらに、経理とよく混同される仕事に「会計」や「財務」がありますが、これらと経理
続きを読む
経理代行サービスとは、その名の通り経理業務を代行してもらえるサービスです。経理業務に含まれるのは記帳や年末調整などですが、どこまでを依頼できてどこからが依頼不可なのか悩んでしまう人も多いです
続きを読む