福岡県で評判の経理代行サービス業者19選!口コミで人気の業者を厳選しました。

経理代行と記帳代行の具体的な違いとは?双方の特徴を理解しよう!

公開日:2021/09/01  最終更新日:2021/09/09

経理に関するサービスの利用を検討されている会社も多いでしょう。しかし経理系のサービスといっても、「経理代行」や「記帳代行」といったものもあり、どちらを利用したらよいのか悩んでいる方も多いことと思います。今回は、経理代行および記帳代行のそれぞれの違いについて徹底解説します。ぜひじっくり読んでみてください。

記帳代行で行ってもらえる業務

まずは記帳代行でしてもらえる業務について明らかにします。依頼できる業務は主に2つになります。

会計ソフトへの入力

記帳代行の業務の中心となるのが、会計ソフトへの入力作業になります。年度末に行う決算申告が会社の経理業務としては極めて重要になるわけですが、そのためには毎日の取引を帳簿に記録していく必要があります。

そこで記帳代行サービスでは、領収書・請求書・通帳コピーなどを活用し取引の記録を会計ソフトへ入力していくわけです。記帳の作業は専門的なものであり、日々発生する取引を正確に正しい仕訳科目に振り分ける必要も出てくるのです。

つまり記帳代行サービスは、簿記の知識がなければできません。会計ソフトの入力を行ってもらえることで、日々の経理作業の時間を大きく減らすことにもつながります。

帳簿の作成

記帳代行サービスの中には、帳簿作成業務が組み込まれていることも珍しくありません。

帳簿にはさまざまなものがあり、現金の出し入れを管理する現金出納帳があります。さらに会社の預金口座の出し入れを管理している預金出納帳、売掛金や買掛金の管理をする売掛残高一覧表・買掛残高一覧表、そして月々の経費処理を確認する試算表やすべての数値をまとめる総勘定元帳も帳簿になります。

法律上は、年に1度決算報告をすればOKです。しかし会社として現金の動きや損益の動きなどを確認するのが1年ごとでは到底足りません。そこで月次の決算を行っているわけです。月次の決算をすることで、決算処理のミスも早く気づけます。

経理代行で行ってもらえる業務

記帳代行サービスで行ってもらえる業務を明らかにしましたが、次に経理代行で行ってもらえるサービスを明らかにします。どのような違いがあるのでしょうか。

より細かな経理業務を行ってくれる

記帳代行サービスでは、データの入力及び帳簿の作成を行ってもらえます。そのうえで、細かな精査作業まで依頼できるのです。

領収書や請求書と現金出納帳の数字が合わないこともあるかと思いますが、その照合も行ってくれます。また支払いが計画通り・予定通りに行われているかのチェックもしてくれるのです。

他にも細かなところを上げると、請求書の発行であるとかファイリング、さらに経理関係の資料作成といった幅広い業務も請け負っています。

振込や支払いの代行

多くの企業と取引している企業になると、振込や支払いの手間もかなりのものです。わざわざ何度も銀行に足を運ぶのも大変ではありませんか。

経理代行サービスであれば、取引先への支払いおよび従業員の給与振込等をお願いすることも可能です。まずは支払い予定表を作成し、その予定表に沿って期日までに確実に振込等を実行してくれるわけです。

最近の経理代行サービスではインターネットバンキングを活用することも増えてきました。手数料なども低く抑えられており、経理代行サービス利用の大きなメリットといってよいでしょう。

決算書の作成や法人税の申告

こちらはすべての経理代行サービスが対応しているわけではありません。税理士法人が行っている経理代行サービスであれば、決算書の作成および法人税の申告までも行ってもらえるのです。つまり経理系のほとんどのサービスを丸投げすることも可能です。

経理代行と記帳代行は具体的にどこが違う?

記帳代行サービスと経理代行サービスの業務内容についてお伝えしたので、なんとなくでもわかってきたと思いますが、ここでは双方の違いをより具体的に解説いたします。

より幅広い業務を行える経理代行

記帳代行サービスは、あくまで記帳するのが業務であり、それ以上の業務については対応していません。つまりデータ入力までしかしてもらえないのです。

その点、経理代行であると、経理業務全般を代行してくれます。記帳代行サービスの行う入力業務もサービスに含まれており、より多くの経理系の作業をしてもらいたい時の利用に適しています。

コスト面に違いあり

記帳代行サービスは作業範囲が狭いため、安価なコストで利用できます。相場については月間の仕訳数が100までであれば1万円程度、300までであれば3万円前後とされています。

経理代行サービスはより幅広い業務となるため、記帳代行と比較するとコストは高く設定されています。相場は月間4万円から5万円ほどになり、確定申告およびコンサルティングまで含めると月に10万円を超えることも珍しくありません。

 

経理代行と記帳代行の具体的な違いを明らかにしました。業務の対応範囲が大きく異なり、記帳代行のサービスは基本的に記帳のみになります。より幅広い作業を行ってもらいたいのであれば経理代行サービスを利用しましょう。

一方で利用コストに違いがあり、記帳代行のほうが作業の範囲が狭いため低価格で利用できます。どちらを重視するかによって、利用するサービスを判断しましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

何かのきっかけで経理にたずさわることになったとき、その専門用語の多さに辟易してしまう人が多いです。確かに、経理や会計には数多くの専門用語があり、それが表す概念も難解です。そこでこの記事では、
続きを読む
経理の役割は企業運営に欠かせません。しかし、そもそもどのような役割なのか分からない人も多いのではないでしょうか。さらに、経理とよく混同される仕事に「会計」や「財務」がありますが、これらと経理
続きを読む
経理代行サービスとは、その名の通り経理業務を代行してもらえるサービスです。経理業務に含まれるのは記帳や年末調整などですが、どこまでを依頼できてどこからが依頼不可なのか悩んでしまう人も多いです
続きを読む