福岡県で評判の経理代行サービス業者19選!口コミで人気の業者を厳選しました。

経理代行サービスの利用は中小企業にこそおすすめ!その理由とは?

公開日:2023/04/15  最終更新日:2023/03/20


経理代行サービスは人手不足に悩む中小企業にこそおすすめです。とはいえなかには「経理を外部に任せていいのか」と不安に思う方もいるでしょう。そこでこの記事では、経理代行サービスはなぜ中小企業にこそおすすめできるのか、その理由や経理代行サービスを選ぶ際の注意点などについて解説します。

経理代行サービスの利用は中小企業にこそおすすめ!

経理はお金の流れを管理するという役割上、企業経営には欠かせない存在です。とはいえ、経理は誰にでもこなせる仕事でもなく、専門知識が必要なうえ、わずかな数字の違いでも経営にも大きな支障をきたしてしまうなど、業務には正確さが求められます。

そのうえ業務量は非常に膨大であり、領収書の作成から資金や伝票の管理・従業員の給与計算から、決算期になると決算書類の作成や税金の計算まで、さまざまな業務を行わなければなりません。専門知識を持つスタッフを確保できれば問題ないですが、ベンチャー企業など経理スタッフが不足している企業の場合、総務や労務といった別の部署が兼任したり、経営者自身が担当したりすることもあります。

すると、本来の業務には遅れが生じるほか、知識不足や慣れない作業で時間もかかってしまうなど、さまざまな問題が起きるうえ、業務負担が原因で小さなミスも起こしやすくなってしまうといった、負の連鎖にもつながってしまいます。

そこで、経理代行サービスを利用すると、専門知識を持つプロが請け負ってくれるため、任せられることはもちろん、社員側としても、経理業務の負担から解放されるため、本来の業務に集中できるようになります。

つまり生産効率の向上にはうってつけの存在であり、職場環境の改善や外部委託のため退社リスクといった心配もなく、結果的に採用コストの削減にもつながります。とくに経理を新たに採用する場合、教育費用や福利厚生を含めて年間400〜600万円の費用がかかるといわれているのに対し、経理代行サービスは業務を一部のみ代行してもらったり、決算期など繁忙期に絞ってもらったりなど、業務内容や期間を限定して活用することも可能なので、資金繰りに頭を抱える中小企業にとっても頼もしい存在となってくれるでしょう。

経理代行サービスを利用するべき中小企業の特徴

経理代行サービスを利用するべき中小企業の特徴としては、以下の要素が挙げられます。

人件費の余裕がない

経理代行サービスの大きな魅力は少ないコストで経理作業を済む点です。経理の人件費とは給与だけではありません。ほかにも、健康診断に保険といった福利厚生、教育費やイス、机、PCといった設備代など、さまざまな費用がかかります。

また、従業員の勤続年数が上がれば賞与という形で人件費はさらに増えていくため、人件費の余裕がない中小企業にとっては悩みの種でしょう。一方経理代行サービスは、経理代行費用のみ請求されるため、結果的に人件費の削減につながるのです。

人手不足に悩んでいる

人手不足に悩んでいる中小企業でも経理代行サービスは検討の余地があります。たとえば、社員10名以下のような人手が少ない企業の場合、ひとりの社員が複数の業務を兼任しているケースが多く、経理もそのうちのひとつに含まれます。

ただ経理は、知識やスキルが求められる専門性の高い業務であり、慣れない社員が経理をすれば膨大な時間がかかってしまうのはもちろん、ミスや本業にも遅れが発生するといった、悪影響が出てくるのは誰が見ても明らかでしょう。つまり、兼任するほどの人手ならば、代行依頼を申し込む方がかえって生産性が向上するわけです。

経理スタッフが少ない

経理代行サービスは、経理スタッフが少ない中小企業にも利用を検討した方がよいでしょう。経理業務は非常に膨大かつ多岐に渡っており、社員数の多い大企業では会計ごとに担当者がわかれているのに対し、中小企業ではひとりの経理スタッフが全ての業務を担当していることがほとんどで、業務量は相当な量にのぼるためストレスや残業など、待遇面で多くのリスクを抱えています。

何より深刻なのが、退職されると代わりがいなくなってしまうことであり、残りの社員が経理を兼任しなくてはならないなど、社員の負担は増えてしまうばかりで、職場環境もさらに悪化してしまいます。

このように、経理スタッフの負担がかかりすぎている場合にもさまざまなリスクが考えられるため、利用を検討しておくことをおすすめします。

中小企業が経理代行サービス業者を選ぶ際の注意点

ここまで中小企業が経理代行サービスの利用を検討すべき理由について解説しましたが、利用前には自社に適したサービスを受けられるかを見分ける必要があります。

たとえば、対応範囲でいえば、請求書の発行や給与計算といった必要最小限の範囲を扱う業者から、経理全般に対応できる業者、経営相談まで踏み込んで相談できる業者など、さまざまな種類があり、どこまでの範囲に対応してくれるのか確認しておかないと、あとで必要なサービスが得られないといった事態も想定されます。

また、セキュリティ対策も信頼できる業者選びには必要不可欠な要素で、プライバシーマークの取得やデータの受け渡しには専用のサーバを経由するなど、対策が万全であれば信用性は高いと判断してよいでしょう。何より対応件数が多ければ、それだけ高く評価されていると判断できるため、不安な場合は実績の多さから判断してみるのもひとつの方法です。

まとめ

多くの中小企業では社員が経理を兼任していたり、ひとりのスタッフに任せきりになっていたりといったケースが散見されています。しかしそれでは、本業に支障が出てしまうことはもちろん、経理も誰にでもできる業務ではないため業務には多くの時間を要してしまい、結果的に非効率へつながってしまいます。

こうした問題を解決できるのが経理代行サービスであり、業務負担を抑えられるだけでなく、人件費の削減にもつながるなど、数多くのメリットがあるため、経理の悩みを抱えている中小企業は検討してみることをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

便利だという経理代行サービスに興味があり依頼も考えている、そんな会社も増えているようです。でも、どのようなタイミングで利用すればいいのか、それがわからずなかなか依頼できないこともあるかもしれ
続きを読む
経理代行サービスは人手不足に悩む中小企業にこそおすすめです。とはいえなかには「経理を外部に任せていいのか」と不安に思う方もいるでしょう。そこでこの記事では、経理代行サービスはなぜ中小企業にこ
続きを読む
自社の経理を丸投げできる方法が「経理の外注化」です。経理を外注化すると社内業務から経理がなくなります。よって本業に集中できます。では経理を外注すると、勘定科目ではどこに入るのでしょうか。今回
続きを読む
経理代行関連コラム