福岡県で評判の経理代行サービス業者19選!口コミで人気の業者を厳選しました。

経理代行を依頼する流れとは?大まかな手順を知っておこう!

公開日:2021/09/01  最終更新日:2021/09/09

会社を経営していることで必須になるのが経理業務になります。しかし経理の作業は極めて複雑であり手間もかかり時間もかかります。自社で行おうとすると、負担が極めて重く、経営にも影響を与えてくることも少なくありません。そこで活用され始めているのが経理代行サービスです。今回は経理代行を依頼する流れ、および手順について解説します。

経理代行に依頼できる業務とは?

経理代行サービスに依頼する前に把握しておきたいのが、どのような業務を依頼できるのか、という部分です。もちろん業者によっても対応している範囲は異なりますが、ここでは一般的な対応業務についてお伝えします。

記帳業務

記帳は経理において基本中の基本なので、自分で行わなければと思っている人もいるでしょうが、経理代行サービス内に含まれているのでご安心ください。記帳業務には、領収書、請求書、通帳のコピーなどが必要になるため、そちらを業者側に預けるだけで記帳業務を行ってくれます。

売掛金及び買掛金の管理

会社では基本的に掛け取引を行っていると思います。売掛金及び買掛金の管理は煩雑であり、ついつい疎かになることも少なくありません。

しかし、会社の資金にも大きな影響を与えることもあるため、確実に対処する必要があるのです。経理代行では掛取引の管理も代行してもらえ、買掛金の支払いや売掛金お回収などのスケジュールも明確にしてもらえます。

決算及び税金の申告業務

記帳代行の延長線上にあるのが決算になります。経理の中でも最も重要なところでありますが、もちろん経理代行におまかせできます。こちらも領収書、請求書、通帳のコピーの必要書類を提出することで代行してくれるわけです。

また税理士系の経理代行サービスであれば、税務申告も対応してもらえます。法人税などの面倒な手続きもおまかせできるのです。

給与計算

毎月必ず必要になるのが、従業員の給与計算になります。間違いがあると大問題であり、従業員のモチベーションの低下にもつながりかねません。経理代行サービスであれば、会社の就業規則や対象月のタイムカードを提出するだけで正確な給与計算をしてもらえます。

年末調整業務

とくに経理業務で忙しくなるのが、11月から12月です。この時期に行わなければならないのが年末調整であり、非常に煩雑な手続きをしなければなりません。しかし経理代行サービスを利用していればその年末調整業務を丸投げでき、手続きをしてもらえます。いくつか書類の提出を依頼されるので、指示に従えばOKです。

経理代行を依頼する流れ

経理代行を依頼(契約)するまでの流れについて、簡単に説明します。

相談

まずは気になっている業者に連絡し、相談の日次を決定してください。問い合わせ方法の基本は電話ですが、最近ではLINEで行っているところもあります。オンラインサービスを行っているところもあり、そのようなところは公式サイトから申込みを行います。

相談では、サービス内容や費用についての説明を受けます。説明を受けるだけではなく、気になっているところがあったら質問もしてみてください。ちなみに初回相談に関しては、基本的に無料で対応してくれるところが多いです。

プランの作成及び提案を受ける

よさそうな業者が見つかったら、具体的なプランの作成及び庭園を受けましょう。あなたの会社としての要望や業務状況を伝え、その上でプランを作成してもらい提案を受けるのが効率的です。依頼のためにはいくつかの書類も必要になるので、そのあたりも把握しておくとよいでしょう。

契約

プラン及びサービス内容に納得できた場合は、契約を行いましょう。ただ1社のみの相談で決めてしまうと、割高な可能性も出てきます。できれば複数の業者に相談し、比較した上で決定するのがよろしいでしょう。契約を実施すると、いよいよ経理代行サービスが開始されます。

経理代行を依頼した後の流れも確認しよう!

経理代行を導入したあとの流れについて、簡単に説明します。

必要書類を渡す

経理代行の業務をするためには、一定の書類が必須になります。法人名義の通帳のコピーであるとか領収書・請求書、さらには法人名義のクレジットカードの明細や給与明細、その他売上及び支払いに関する明細です。足りないものがあると記帳作業等に問題が生じるので、求められたものは提出できるようにしましょう。

経理代行業務が開始される

必要書類が業者に届くと、会計システムに入力されていきます。月末には月次決算報告書も作成してくれ、会社の経営状態も把握しやすくなるでしょう。税理士がいる場合には、税務相談や財務状況に応じたアドバイス等もしてもらえます。

定期的に報告書が送付される

経理代行業者から、定期的に報告書が贈られてきます。経営者自身が確認し、承認してください。報告書の内容によっては、他の業者への乗り換えも検討しましょう。問題がなければ、継続するのがおすすめです。

 

経理代行を依頼する流れを紹介しました。まずは相談を行い、問題がなければ契約をします。その後は必要書類を提出すると、記帳等の業務を行ってくれ、定期的に報告書が届くようになります。

ちなみに業者によって、業務の対応できる範囲が異なることもあります。より広範囲の業務をお願いする場合は、税理士資格保有者が居る業者の利用を検討しましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

何かのきっかけで経理にたずさわることになったとき、その専門用語の多さに辟易してしまう人が多いです。確かに、経理や会計には数多くの専門用語があり、それが表す概念も難解です。そこでこの記事では、
続きを読む
経理の役割は企業運営に欠かせません。しかし、そもそもどのような役割なのか分からない人も多いのではないでしょうか。さらに、経理とよく混同される仕事に「会計」や「財務」がありますが、これらと経理
続きを読む
経理代行サービスとは、その名の通り経理業務を代行してもらえるサービスです。経理業務に含まれるのは記帳や年末調整などですが、どこまでを依頼できてどこからが依頼不可なのか悩んでしまう人も多いです
続きを読む