福岡県で評判の経理代行サービス業者19選!口コミで人気の業者を厳選しました。

経理代行を依頼する際にかかる費用はどれくらい?業務別に確認!

公開日:2021/09/30  

毎月の収益をきちんと管理することは、事業の成功に必要不可欠です。しかし、中小企業や個人事業主だと、なかなかそこまで手が回らないのが現状という場合が多いでしょう。そこで経理代行を検討した際、実際にどれくらいの費用がかかるのでしょうか?この記事では、経理代行を依頼した際にかかる費用を、業務別に細かく確認します。

経理代行で行える業務内容

そもそも、経理代行でどこまでの業務を頼めるのか?という疑問を持っている方が多いかもしれません。そこでまずは、経理代行で行える業務内容について、見ていきましょう。

記帳代行サービス

記帳代行サービスとは、請求書・領収書を含む「取引内容がわかる書類」を依頼主である企業から預かり、1つひとつ記録を会計ソフトに入力していくことです。また、月次決算などの際に、入力した取引情報をもとに帳簿の作成も依頼できます。

帳簿には「売掛残高一覧表」をはじめ、「現金出納帳」「買掛残高一覧表」「預金出納帳」などがあり、月次決算の試算表や税務申告に向けた書類として使用できるのです。

記帳作業は経理という業務のなかでもとくに手間がかかり、また取引情報を1つずつ仕訳していくのは非常に地道な作業でもあります。そのため、記帳代行サービスを頼むことで、大幅に時間が浮きコスト削減にもつながります。

スタッフの給与計算

タイムカードの集計から給与に関する数値管理、給与明細、そして源泉所得税納付書の作成までを一貫して代行してもらうことが可能です。とくに、給与はミスがあればスタッフの生活にも大きな影響を与えるので、慎重に対処する必要があります。

また、トラブル回避のために「スタッフに他の従業員たちの給与情報を見せたくない」と経営者自らが給与計算している場合は、給与代行サービスに依頼することをおすすめします。

その他、依頼できる業務

記帳代行サービスやスタッフの給与計算以外にも、経理代行に依頼できる業務はたくさんあります。具体的には、インターネットバンキング使用による振込・支払い代行をはじめ、資金繰りにおける管理、領収書または請求書のファイリングや整理、経理に関する資料の作成、経費の精算などです。

このように経理代行では、経理に関するあらゆる業務代行を依頼できます

経理代行を依頼するメリット・デメリット

「経理代行で行える業務内容」についてわかってきたところで、次は経理代行を依頼するメリット・デメリットについて見てみましょう。経理代行を依頼すると、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

代行を依頼するメリットは?

何よりのメリットは、他の人に任せることで経理業務に費やしていた時間を本業に充てることができることです。

また自社で経理専任のスタッフを雇った場合、給料はもちろん社会保険への加入などの手続きが必要で、多大なコストがかかってしまいます。そのため、コスト削減という面でも大きなメリットがあるといえるでしょう。さらに毎月の財務状況や利益をすぐに把握できるため、経営判断もスピーディに行えるようになります。

代行を依頼するデメリットは?

最大のデメリットは、「社内で経理のノウハウを蓄積できない」という点です。どの業務をどのように処理するか、というのは会社ごとにノウハウがあります。しかし、代行に依頼することで投げっぱなしになってしまうため、経理に詳しいスタッフを育成するのはもちろん経理に関するノウハウも築き上げられなくなってしまうのです。

そして、もう1つはあまりないことですが、情報漏洩のリスクがあることです。会社の売上・利益などといった機密情報を外部に渡すため、何らかのミスが発生した際に情報が流出してしまう可能性もあります。

経理代行の費用相場

「従業員を雇うよりコストがかからない」といいますが、経理代行を依頼した場合どれぐらいの費用がかかるのでしょうか?実際の相場を見てみましょう。

記帳代行サービスを頼むなら

記帳代行を依頼する場合は、仕訳数によって金額が変動します。単位ですが100仕訳など単位を区切って設定している代行業者もあれば、1仕訳ごとに料金を設定している業者もあります。

たとえば、100仕訳単位で区切っているある代行業者では100仕訳が1万円で101~200仕訳が1万5,000円、201~300仕訳が2万円……といった具合です。このことから、月間における仕訳数が200件前後の企業なら、毎月2万円以内で経理代行を依頼できます。

そして、200件よりも多くの仕訳数が発生する企業なら、3~4万円以上と思っておくとよいでしょう。また、1件ごとに仕訳料金の設定がされている会社なら、1仕訳40~100円で請け負っている会社が多いです。

幅広く業務を依頼するなら?

経理業務を広く全般的に代行依頼したい場合は、基本的な経理業務をパッケージ化した代行サービスに依頼する流れとなります。もちろん「記帳代行だけ」など業務別に料金設定をしている代行会社もありますが、いくつかを組み合わせて依頼するよりもパッケージ化されたサービスを利用した方がお得です。

パッケージ化された内容は会社によって異なりますが、相場は大体3~5万円といわれています。希望納期や仕訳数、そして従業員数によって料金も変わってくるため、契約前に必ず確認しましょう。なお、パッケージ内に含まれない業務を依頼する場合は、オプション料金が別途発生する流れとなります。

 

「経理代行を依頼する際にかかる費用はどれくらい?」という課題に基づき、業務別に相場などを見てきました。本業に専念できたり、スピーディな経営判断ができるようになったりと、経理代行を依頼することでさまざまなメリットが享受できます。依頼する際は「何をどこまでお願いしたいのか?」などを整理し、自分たちに合った業者を選ぶことが大切です。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

何かのきっかけで経理にたずさわることになったとき、その専門用語の多さに辟易してしまう人が多いです。確かに、経理や会計には数多くの専門用語があり、それが表す概念も難解です。そこでこの記事では、
続きを読む
経理の役割は企業運営に欠かせません。しかし、そもそもどのような役割なのか分からない人も多いのではないでしょうか。さらに、経理とよく混同される仕事に「会計」や「財務」がありますが、これらと経理
続きを読む
経理代行サービスとは、その名の通り経理業務を代行してもらえるサービスです。経理業務に含まれるのは記帳や年末調整などですが、どこまでを依頼できてどこからが依頼不可なのか悩んでしまう人も多いです
続きを読む