福岡県で評判の経理代行サービス業者19選!口コミで人気の業者を厳選しました。

依頼前にチェック!経理代行サービスの種類ごとの特徴とは?

公開日:2021/10/01  最終更新日:2021/09/24

会社運営にとって、避けて通れない経理。中小企業や個人事業主だと経営者が経理を兼任することが多いですが、それでは本業に割く時間が減ってしまいます。そんな時に頼れるのが、経理代行サービス!この記事では、経理代行を依頼する前にチェックすべきポイントとして、経理代行サービスの種類ごとの特徴などについて紹介します。

経理代行を依頼する利点

まず、経理代行を依頼する利点について紹介します。経理代行を依頼すると、以下のような利点があります。

本業に専念できる

最大のメリットは、本業に専念できることです。とくに中小企業や個人事業主の場合、経営者が本業と経理を兼務するパターンが多いですが、とにかく正確さが必要です。

月次決算・年次決算などの時期には経理業務を優先しなければいけませんが、これには膨大な時間がかかります。そこで代行業者に依頼することで負担が減り、本業に専念できます。

人件費の削減につながる

経理代行を依頼することで、人件費を削減できます。たとえば、新しく経理専門のスタッフを雇うと、給与・社会保険・貸出用のPCやデスクなどの経費が発生します。

しかし、経理代行を依頼した場合、年間でスタッフを雇うより約数百万円も安く済ませられるのです。また、他に経理を担当するスタッフがいたと場合でも、万が一の休職や退職などで抜けられた際にすぐ穴埋めができるので安心です。

スピーディかつ正確な作業

仮にスタッフを雇ったとしても、経験が浅い社員または未経験者が入社してきた場合、イチから丁寧に経理という仕事を教えなくてはいけません。戦力として活躍してもらうには、それなりに時間がかかるでしょう。

しかし、経理代行は経理のプロ集団です。高いスキルを持ったスタッフたちが集まっているので、研修に時間をかける必要がありません。最初からしっかりと任せられるため、スピーディかつ正確な作業が依頼できます。

経理代行サービスの種類ごとの特徴

一口に経理代行といっても、サービスにはいくつか種類があります。そこでここからは、経理代行サービスの種類ごとの特徴について紹介します。

日次業務

帳簿作成など、日々のなかで発生する経理業務を指します。具体的には記帳業務・請求書や領収書の仕訳・入出金管理・経費精算・在庫管理などです。

なかでも帳簿作成は、経理業務のなかでもメインとなる作業です。会社の取引を金額と科目に仕訳したうえで、預金出納帳や現金出納帳に記載していきます。

月次業務

「月次決算」とも呼ばれますが、日次業務を1ヶ月にまとめたものです。日々仕訳し作成した帳簿のデータを総勘定元帳に移し、損益計算書・賃借対照表・残高試算表などをそれぞれ作成します。

その他にも重要な業務として、スタッフの給与計算や請求書の発行、入金処理などがあります。なお、給与計算には所得税や社会保険料の計算、控除項目の確認などの業務も含まれています。

年次業務

いわゆる「年次決算」と呼ばれる業務です。年に1回の頻度で発生します。具体的には、月次決算で作成した試算表のデータを基に、決算書を作成する作業です。

作成した決算書は株主や税務署に対し、会社の経営状況や財務状況を報告する書類となります。この年次決算は、経理業務のなかでも最も重要な作業です。

経理代行サービスを選ぶ上で意識するべきポイント

いざ経理代行サービスを頼む段階になった際には、いくつか意識するべきポイントがあります。経理代行サービスを選ぶ上で意識するべきポイントとは、以下の3つです。

どこまで業務を任せるべきか?

もちろん、経理と名のつくもの全般をまるっと任せてもよいのですが、経理といえどその業務内容は多岐にわたります。そして経理代行業者に依頼する際は、「どの業務をどれぐらいの量任せるのか?」によって見積もりを出してもらう必要があるため、社内のキャパや予算によって考慮する必要があるでしょう。

また、無料のトライアル期間を一定期間設けている代行業者も多いため、一度試してみるのもおすすめです。

セキュリティ対策は万全なのか?

自社の大切な機密情報を預ける以上、情報漏洩は絶対に避けたいものです。そのため、セキュリティ対策が万全なのかどうかも、重要なチェックポイントです。

セキュリティ対策とは、具体的にいうと「データの受け渡し時に暗号化やパスワードの設定を行っているか」「作業に取り組むメンバーがセキュリティ教育をきちんと受けているか」「作業場所において、適切なセキュリティ対策がされているか」などを確認しましょう。

会社の状況に合うサービスか?

経理代行を依頼する企業には、それぞれ成長ステージがあります。たとえば、すでに東証一部上場を果たした企業をはじめ、これから事業を始めるスタートアップ企業、事情があって事業を縮小しようとしている企業など、さまざまです。

取引や社員の増減に合わせて代行サービス業者を乗り換えるのは手間なので、現在の事業規模に合ったサービスをしてくれるのか?また、事業規模が拡大・縮小した際にも変わらずサービスを受けられるのか?などを、あらかじめ確認しておいた方がよいでしょう。

 

経理代行を依頼する前にチェックするポイントとして、経理代行サービスの種類ごとの特徴について紹介しました。経理は時間がかかるうえに、専門知識も必要とする面倒な業務ですが、経営判断をスピーディに行うためにも必要不可欠!少しでも効率よくこなし、本来の業務にしっかりリソースを割けるよう、上手に外部の代行サービスを活用しましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

何かのきっかけで経理にたずさわることになったとき、その専門用語の多さに辟易してしまう人が多いです。確かに、経理や会計には数多くの専門用語があり、それが表す概念も難解です。そこでこの記事では、
続きを読む
経理の役割は企業運営に欠かせません。しかし、そもそもどのような役割なのか分からない人も多いのではないでしょうか。さらに、経理とよく混同される仕事に「会計」や「財務」がありますが、これらと経理
続きを読む
経理代行サービスとは、その名の通り経理業務を代行してもらえるサービスです。経理業務に含まれるのは記帳や年末調整などですが、どこまでを依頼できてどこからが依頼不可なのか悩んでしまう人も多いです
続きを読む