福岡県で評判の経理代行サービス業者19選!口コミで人気の業者を厳選しました。

経理代行サービス業者と会計事務所の違いとは?双方の特徴を理解しよう

公開日:2023/02/15  最終更新日:2023/03/15


近年は、業務効率化のためさまざまな業務を外注するようになりました。外注の中でもとくに増えてきたのが「経理」です。経理は範囲が広く、やることが多いので自社で行うとかなりの手間がかかる業務です。では、経理の外注とはどんなことでしょうか。今回は、経理代行サービス業者と会計事務所の違いについて詳しくご紹介します。

経理業務の外注先の種類

経理業務の外注先にはどんな種類があるのでしょうか?こちらでは経理業務の外注先の種類について詳しくご紹介します。

経理業務とは何か?

経理業務とは、会社の活動にともなうお金の動きを記録し、お金の動きを見える化して、まとめるのが経理の仕事です。経理業務は、経営成績や財政状況を第3者にも見える化できます。

経理には内製と外注がある

経理は内製(ないせい)と外注の2つの方法で行うことができます。それぞれの特徴についてご紹介します。

経理の内製とは?

経理の内製とは、自社の社員が経理を行うことです。現在のところ、経理は内製が多いといわれています。

経理の外注とは?

経理の外注とは、自社の社員以外の人が経理を行うことです。現在は以前と比べると経理の外注は増加傾向にあるといわれています。

経理の外注の種類にはどんなものがあるのか?

経理の外注の種類には次の2つがあります。

・経理代行サービス業者
・会計事務所

経理代行サービス業者に依頼するメリット・デメリット

経理代行サービス業者に依頼するとどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?こちらで詳しくご紹介します。

経理代行サービス業者とは?

経理代行サービス業者とは、経理代行のみを専門に代行する外注業者のことです。そのため一般的には経理以外の代行は行いません。

メリット①
会計事務所よりも安くできる

1つ目のメリットは会計事務所よりも安くできることです。一般的に、会計事務所は本格的な経理をする会社です。そのためコストがかかります。場合によっては、外注に出さずに自社でやった方が安く済むこともあります。それに対し経理代行サービス業者に依頼すると、わかりやすいくらい安くできます。

メリット➁
会計事務所よりも融通が利く

2つ目のメリットは会計事務所よりも融通が利くことです。会計事務所はどちらかというとガチガチの経理の本職です。そのためあまり融通が利きません。一般的には決まった範囲のことしかやってくれません。それに対し経理代行サービス業者は、ガチガチの本職ではないので、ある程度の融通が利きます。会計事務所に頼みづらい時には、経理代行サービス業者に頼んでみることをおすすめします。

デメリット①
会計事務所と比べると品質が落ちる

1つ目のデメリットは会計事務所と比べると、品質が落ちることです。会計事務所は、本格的な経理を専門に行う会社です。そのため専門職が経理を行っています。納品された経理帳簿は完璧です。ところが経理代行サービス業者は、必ずしも経理の専門職が行っているわけではありません。派遣社員、個人事業主、フリーランスなどがやっていることもあります。そのため会計事務所と比べると品質が落ちます。

デメリット➁
情報漏洩のリスクがある

2つ目のデメリットは情報漏洩のリスクがあることです。経理代行サービス業者の中には、セキュリティに関して意識が低いところがあります。契約前に、情報セキュリティの規約を守ることを宣言しない業者は注意した方がよいでしょう。

会計事務所に依頼するメリット・デメリット

会計事務所に依頼するとどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?こちらで詳しくご紹介します。

会計事務所とは何か?

会計事務所とは、会社の経理や税務申告を代行する業者の総称のことです。会計事務所という業種名ではありません。具体的に会計事務所とは、税理士事務所、公認会計士事務所、税理士法人などが会計事務所になります。そのため会計事務所は、経理や税金に関する専門職です。また会計事務所は、そのまま税理士事務所に置き換えても問題ありません。

正確な経理帳簿を作ってくれる

会計事務所のメリットは正確な経理帳簿を作ってくれることです。会計事務所とは、税理士事務所、公認会計士事務所、税理士法人のいずれかのことです。そのため経理に関する専門職になります。納品された経理帳簿は正確に、完璧に仕上がっています。正確な経理帳簿を作ってもらいたい時は会計事務所に頼むことをおすすめします。

費用が高い

会計事務所のデメリットは費用が高いことです。会計事務所は、税理士事務所、公認会計士事務所、税理士法人です。そのため頼むと、結構な値段になります。また、契約以外のことを頼むと、費用がどんどん加算されていきます。場合によっては元がとれないくらい高くなることがあります。会社を始めて数年間は税務署も厳しくないので、安く済ませたい時は経理代行サービス業者に頼んだ方がよいかもしれません。

まとめ

今回は、経理代行サービス業者と会計事務所の違いについてご紹介しました。結論からいうと、できるだけ安く、ほどほどの品質でよければ経理代行サービス業者がおすすめです。また融通も利き、面倒くささも一切ありません。今どきの外注にはぴったりで、すぐに動いてくれます。もし初めて経理代行を外注する時は経理代行サービス業者に依頼してみることをおすすめします。本記事が経理代行サービス業者と会計事務所の違いについて詳しく知りたい方に届けば幸いです。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

経理業務は企業運営において欠かせないものの、多くの時間とリソースを必要とします。この負担を軽減するため、多くの企業が経理代行サービスの利用を検討しています。この記事では、経理代行サービスの基
続きを読む
確定申告の準備は年内からやっておくべき 確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間の収入から、経費などを差し引いた所得を税務署に申告して納税する手続きのことです。受付期間は翌年2月
続きを読む
建設業は、経理代行サービスの利用によって多くの課題を解決できる業種のひとつです。経理代行を有効に活用することで、正しい経理処理ができるのはもちろん、そのほかにもさまざまなメリットを享受できま
続きを読む
経理代行関連コラム