福岡県で評判の経理代行サービス業者19選!口コミで人気の業者を厳選しました。

経理代行と記帳代行の違いとは?

公開日:2024/05/15  最終更新日:2024/02/22


中小企業経営者の皆様、日々の業務に追われる中で、経理や記帳業務について悩んでいる方も多いのではないでしょうか?しかし、業務委託しようにも経理代行や記帳代行の違いが分からず、どこに依頼すればいいかわからない方も多いでしょう。そこで、本記事では、経理代行と記帳代行の違いについて解説していきます。

経理代行と記帳代行の違いを知ろう

経理代行と記帳代行の違いを見ていきましょう。

経理代行とは

経理代行とは、会社の経理全般を外部の専門家に委託することです。具体的には、経理業務全般を代行してもらうため、請求書や領収書の整理、請求業務、入金消込業務、振込業務、給与計算など、幅広い業務を外部に委託できます。経理代行の利用は、会社の間接部門にかかる人件費を削減し、業務効率を向上させられます。

記帳代行とは

記帳代行とは、会計の記帳業務を外部に委託することを指します。具体的には、会計ソフトへの入力や帳簿作成などの業務を代行してもらいます。記帳代行を利用することで、会社の経理部門にかかる負担を軽減し、業務の効率化を図れます。

経理代行と記帳代行の違い

経理代行と記帳代行の違いは、主に業務の範囲にあります。経理代行は、経理業務全般を外部に委託するのに対して、記帳代行は主に会計の記帳業務を外部に委託します。また、経理代行は幅広い業務を代行してもらえるため、会社の業務効率化につながります。

一方、記帳代行は特定の業務を委託するため、必要な業務だけを外部に依頼できます。経理代行と記帳代行の違いを理解し、自社に適した方法の選択が重要です。

経理代行と記帳代行のメリット

経理代行と記帳代行の利用には、さまざまなメリットがあります。

まず、経理代行を利用することで、会社の経理業務全般を外部に委託できます。これにより、会社の間接部門にかかる人件費を削減できます。経理業務は専門知識が必要なため、自社で雇用するよりも経費を抑えられます。また、経理代行を利用することで、経理業務の専門家に業務を任せられるため、業務の正確性を担保できます。

次に、記帳代行を利用することで、会計の記帳業務を外部に委託できます。記帳業務は煩雑であり、会計ソフトの操作や帳簿作成など、専門的な知識が必要です。記帳代行の利用は、自社で行う場合に比べて効率的に業務を行えます。

また、会計業務にかかる負担を軽減できます。これにより、経営者や従業員はコアな業務に集中でき、業務効率を向上できます。経理代行や記帳代行は専門家が業務を担当するため、業務の効率化が図れます。外部に業務を委託することで、自社内の業務フローを簡潔にでき、業務のスピードや正確性が向上します。

さらに、会社の業務負担を軽減できます。経理代行や記帳代行は、会社の経営において重要な役割を果たすため、適切に利用することが重要です。

経理代行と記帳代行のデメリット

経理代行や記帳代行の利用には、いくつかのデメリットも存在します。

まず、経理代行を利用する場合、外部に業務を委託するため、自社内に経理業務のノウハウが残りにくくなります。これにより、自社の社員が経理業務を理解することが難しくなり、育成が困難になる可能性があります。また、経理代行を利用することで、自社内での業務フローが不透明になり、業務の効率化が困難になる可能性があります。

次に、記帳代行を利用する場合、外部に記帳業務を委託するため、自社内に記帳業務のノウハウが残りにくくなります。これにより、自社の社員が会計ソフトの操作や帳簿作成などのスキルを維持することが難しくなり、業務の効率化が困難になる可能性があります。また、記帳代行を利用することで、自社内での業務負担が軽減されるため、業務に携わる社員のスキル向上が阻害される可能性があります。

さらに、経理代行や記帳代行の利用は、費用がかさむ可能性もあります。経理代行や記帳代行は、基本料金に加えて、業務の分量に応じた料金が発生するため、業務量が多いほど費用が高額になります。また、急な業務増加や変更などの際には、追加料金が発生する可能性もあります。これにより、予算を超える費用が発生する可能性があります。

経理代行や記帳代行の利用は、リアルタイムでの対応が難しくなるというデメリットもあります。経理代行や記帳代行は、外部の業者に業務を委託するため、業務の進捗状況や急な対応が難しい場合があります。とくに、経理業務や記帳業務は、会社の財政状況や経営成績をリアルタイムで把握することが重要ですが、外部に委託するとその難しさが増します。

これらのデメリットを考慮しながら、自社の業務内容や経営方針に合った方法を選択することが重要です。

まとめ

経理代行と記帳代行は、外部に業務を委託する点では共通していますが、その範囲や特徴には違いがあります。経理代行は、会社の経理業務全般を外部に委託することを指します。一方、記帳代行は、会計の記帳業務を外部に委託することを指します。自社の状況やニーズに合わせて、適切な代行方法を選択することが重要です。経理や記帳業務に悩む中小企業経営者の方は、ぜひ経理代行と記帳代行の違いを理解し、業務の効率化につなげてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

経理業務は、多くの個人事業主やフリーランスにとって、重要かつ時間のかかる作業です。そのため、経理代行を検討する際には、費用やサービス内容をしっかり把握して選定することが重要です。本記事では、
続きを読む
中小企業経営者の皆様、日々の業務に追われる中で、経理や記帳業務について悩んでいる方も多いのではないでしょうか?しかし、業務委託しようにも経理代行や記帳代行の違いが分からず、どこに依頼すればい
続きを読む
経理代行サービスは、記帳業務から決算書作成まで、企業の経理業務を外部の専門家に委託するサービスです。コスト削減から専門知識の活用まで、多岐にわたるメリットを提供しますが、選定と導入には慎重な
続きを読む